相場用語、格言を学ぶ 相場格言集「ア」行

相場格言集「ア」行カテゴリの記事一覧

意地を張らずに相場を張れ

【意地を張らずに相場を張れ】

株式、外国為替、商品市場などにおいて、自分が買った銘柄が値下がりすると、「いずれ上がるはず」間違っているのは市場のほうだと考え、自分に都合のよい解釈をしがちです。投資では冷静に、客観的に判断することが重要で、判断を誤ったらすぐに手仕舞いすることが賢明です。


いのち金には手をつけるな

【いのち金には手をつけるな】

株式、外国為替、商品市場などにおいて、運用資産が生活費や老後の蓄えに食い込むことや、借金までして資金をつぎ込むことを戒める言葉です。いざという時のための流動資産を確保しておくことが必要で、それ以外の余剰資産の中で投資をする事が鉄則です。

上がった相場は自らの重みで落ちる

【上がった相場は自らの重みで落ちる】

どんな相場も永遠に上昇し続けることはなく、いつか下落する時が来るものです。さらに高く上がった相場ほど、落ちるときは早かったりします。手仕舞うタイミングに注意が必要です。「山高ければ谷深し」にも通じる言葉です。




続きを読む

頭と尻尾はくれてやれ

【頭と尻尾はくれてやれ】

株式や外国為替、商品相場では底値で買って(尻尾)、天井で売る(頭)というようなことを狙うのは非常に難しいので、真ん中のおいしい身だけで満足しましょうというたとえです。底値で買おうとして買い損ねたり、天井で売ろうとして売り損ねたりすることもあります。「売り買いは腹八分」という格言もあり、あまり欲張らないようにしましょう。



続きを読む
相場格言に学ぶ トップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。